USCPA BEC 4 勉強法

ITは15-19%の出題率です。
IT問題は知っているか知らないか次第になってしまう傾向があるので
どこまで幅広く対策をするかの判断に迷う分野でしょう。
(運が良かったのかもしれませんが)私の受験時の感想としては
アビタス教材の内容をマスターしておけば対策としては十分かなと思いました。
私の受験時にも、初見のIT用語がちらほら出題されたので、
それらの問題は失点したはずですが、合否に影響があるほどではなかったのだと思います。
出題のIT用語を知らないと、勘で選択肢を選ぶ事になるのが辛いですが
手を広げてもキリがないので、深追いし過ぎないほうが良いのではないでしょうか。

アビタスのBEC教材のITは、AUDでの学習内容に非常に類似しているので
新しく学ぶ事は非常に少なめでした。
1周目のMC問題演習時で72%の正答率でした。
2周目では、1周目に間違えた問題のみを演習し、あとは試験直前にテキストを読み直しました。

私が調べたIT用語は
旧ブログの”BEC 用語”カテゴリーに記載していますので参考にして下さい。
旧ブログはこちら

<アビタスのBECテキスト(ver6.1)分類>
BEC 4
IT (1): 情報システム、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク
IT (2): システム開発、電子商取引、統制、セキュリティ、職務の分離

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です