USCPA FAR 2回目受験までの勉強方法

FARの1回目受験で不合格後、2回目受験までの勉強方法を紹介します。
テキストを読んで、MC/TBS問題を1周し、苦手分野のノートを作成しました。
1回目受験までにはできなかったAICPA Release問題と模擬試験をやりました。

勉強方法 (不合格後 合計 289時間)

1. FAR1~4: テキストを読む⇒MC問題1周
2.テキストの総復習+苦手分野のまとめノート作成
3. FAR3,4,2:TBS問題1周+苦手分野のまとめノート作成
4. AICPA Release問題:2016MC, 2015MC, 2016TBS, 2015TBS, 2014MC
5. アビタス模擬試験を受験:67点(受験日の1週間前)
6. DRS問題 サンプル3問
7. FAR5:MC問題
8. FAR1:TBS問題
9. AICPA Release問題:2014~2011TBS

問題演習量(単位取得から2回目受験までの累計)

FAR 1:MC 4周, TBS 3周
FAR 2:MC 3.5周, TBS 2周
FAR 3:MC 3.5周, TBS 2周未満
FAR 4:MC 3周, TBS 1周
FAR 5:MC 3.5周, TBS 0周

参考になるような事はほぼ何もしていませんね。
FARに関するアドバイスや勉強計画の理想と現実
などを別のエントリーでお伝えしたいと思います。

[参考] アビタスのFAR1~5テキスト(ver6.1)分類

http://america-cpa.com/48.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です