USCPA試験対策「捨てる分野」

よく聞かれる質問の1つに
「捨てても良い分野はありますか」という質問があります。
受験日が迫っていたりして、予備校教材の全てをマスターする時間的余裕がないなど
少しでも効率的に合格したいと思いますよね。
私も同じ事を何度も思いました。
 
しかし…
 
捨てていい分野はありません !!
予備校の教材自体、論点が厳選されているわけですから。
 
私のFAR受験時は、Deferred Taxesと為替の問題はあまり出なかったので
理解や問題演習に費やした時間を考えると、
捨てても良かったなと、受験後には思いました。
でも、たまたま、私の場合、MC,TBSにあまり出なかったというだけです。
もしTBS問題に捨てた分野が出て、採点対象問題なら、相当の失点になってしまうので
捨てるのはお勧めできません。合否が運任せになってしまいます。
公会計はTBS問題には出ないなんて噂もありましたが、私の場合は2問も出題されました。
もし公会計を捨てていたら/手を抜いていたら不合格だったと思います。
 
また、USCPA試験は、1問1点という配点ではありません。
問題によって、高配点/低配点の違いがあります。
捨てた論点の問題が、万が一高配点の問題の場合、失点が合否に響くかもしれません。
 
もし、私が、出題運に任せても良いから、学習時間の短縮したいというのであれば、
捨てはしないが、手を抜く分野は作りますね。
具体的に言えば
Blueprintを見て、Analysis/Evaluationにチェックの入っていない論点は
TBS問題には出る可能性は低いと判断して、学習時に手を抜きます。
手を抜くと言うのは、基本問題が出たら正解できるレベルまで学習はするが
面倒な計算問題や難易度高めの問題は捨てる前提で(他の問題に時間を回す)
完璧にマスターするまでの力を入れないという意味です。
 
ただ、捨てるのは絶対お勧めしませんよ!
それでも、捨てる分野を検討するなら、私はこうする という話です。
ご参考まで。

参考:Blue Print に関して

新試験 情報(1) 配点率&問題数

2018年度の試験内容(Blueprints)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です