USCPA 出願 成績証明書 旧姓の場合

今まで何度かお問い合わせを受けている質問の1つが
「結婚で名字が変わり、成績証明書の名前が旧姓の場合はどうしたら良いのでしょうか。」です。
今回はその手続き方法を紹介します。

方法 1

卒業した大学に依頼し、旧姓を新姓に変更してもらいましょう!
これが一番簡単です。
ですが、その変更に対応してもらえない事も多いみたいですね。
 

方法 2

役所で英文のMarriage Certificate(戸籍謄本または戸籍抄本)を発行してもらう。
 

方法 3

方法1と方法2のどちらも不可能な場合、
その際の手続き方法(2018年7月現在)が以下です。
NASBAに問合せをし、無事に手続きを終えた方、Yさんから頂いた情報です。
 
手続きで不明点がある時は、予備校よりもNASBAに直接問合せるのが一番確かですが、
NASBAの回答は遅い事も多いので、その点は辛いですよね。
Yさんが、NASBAに問合せ時、返答の催促してから1週間程度は回答がなかったそうです…

NIES学歴評価:姓の変更を証明するのに必要な手続き

1. 戸籍謄本または戸籍抄本を取得する
2. ATA翻訳者に、戸籍謄本または戸籍抄本の翻訳を頼む(ATAのスタンプ、サイン必須)
3. 戸籍謄本または戸籍妙本(PDFでもOK)とその翻訳書類を

翻訳者から、直接、NASBAへ郵送もしくはEメール

E-mail先: etranscriptNIES@nasba.org 
(必ず翻訳者から、直接、PDFデータを送信してもらうこと)
 
Yさんからの情報によると
日本のATA翻訳者に翻訳を依頼する場合、2週間程かかるそうですが
Yさんが依頼したアメリカの翻訳者は、2日くらいで完了したそうです。
 
日本の大学を卒業の方の場合、成績証明書と卒業証明書は日本の卒業大学から直送
戸籍謄本とその翻訳書類は、ATA翻訳者から直送の形になりますね。
 
Yさんはスキャナーを持っていないので、戸籍謄本の写真データを翻訳者に送り、
翻訳者がその写真データと翻訳書類のPDFをNASBAに送付したそうです。
 
NASBAにも、事前に、写真データでも受理可能であるという回答を貰った上で、その手順を踏んだそうですが、やはりYさんも不安だったそうで、戸籍謄本の原本は日本から郵送したそうです(笑)
その原本が届く前に、翻訳者からのメールを確認後、NASBA上のステータスでは「婚姻による姓の変更書類受理」と変わっている事が確認できたとの事なので、
戸籍謄本とその翻訳書類は、写真データ&PDFデータで一切問題ないようです。

私の場合

ちなみに、私が出願した2015年11月時点では、
旧姓時のパスポートが手元にあれば、そのコピーを提出する事で十分でした。

ただ、最初は、旧姓のパスポートが見当たらなかったんです。
海外在住の場合、日本大使館があります。
日本で取得済みの戸籍謄本で手続きをしようと考えた時、アビタスに確認した時の回答が以下でした。
 「英文の婚姻証明書を提出される場合、在〇〇日本大使館にて婚姻証明書(戸籍謄本)の英文を発行していただけるのであれば、おそらくそれで問題ないかと存じます。」

予備校に手続きの話を聞いて、”おそらく” と答えられたら不安になりますよね…(笑)

また、戸籍謄本は、自分で英訳し公証を貰うという形でもOKと、当時のアビタスは言っていました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です