アメリカで、最大の日系コミュニティがあるのは、カリフォルニア州ですね。
海が好きな方など、夢のカリフォルニアで働きたいと願う人も多いようですね。

2017年7月、トヨタは、北米本社を、カリフォルニアからのテキサスへ移転しました。
今後、カリフォルニアの日本人環境は変わるのでしょうか!?

現在、私はカリフォルニア在住なので、
カリフォルニア(CA)ライセンスが取れるのかどうかを調べました。
その結果や詳細情報を以下にシェアします。

※ この記事は、2017年12月時点での情報です。
California Board of Accountancy (CBA)から最新情報を確認してください。

「CA州のCandidateとして、全科目に合格。そして、ライセンス要件を満たす」
これが、CAライセンスを得る為の基本ルールです。
それ以外の方法を以下に示します。

1.他州合格実績をトランスファーする方法

以下の要件を満たせるのであれば、CAライセンスを取得できます。

California will accept examination scores
only if the applicant met California’s education requirements
prior to the date an applicant physically sat for the CPA Exam,

not the dates the grades were release by his or her state.

[ 情報元:CPA LICENSING APPLICANT HANDBOOK (CA) ]
私が情報を確認したのは、Revised 03/29/17のバージョンです。

CAライセンス 必要単位の詳細情報

2.他州のCPAライセンスをトランスファーする方法

他州のCPAライセンスをトランスファーする方法もあります。
Type A, B, C と3つのケースがあるのですが、私の場合は、Type C に該当でした。

ちょっと… どこから得た情報だったのか、ソースが見当たりません。
見つけたら、また投稿を更新します。

この情報を元に、
まずは、WAライセンスを取得、その後、CAライセンス要件を満たせばOKと解釈しました。
恐怖の要件(後述)さえクリアすれば。
私の解釈通り、Type C でライセンス申請できるのかを確認しようと、CBAにメールしました。
その時の回答が…
After you get licensed in Washington
and fulfill the educational and experience requirements for CA
then yes you can apply as a Type C applicant.
However, the CBA does not participate in the iExam
and we are unable to pre-qualify applications for licensure.
でした。

恐怖の要件

私が、上記2つの方法を調べていた時に気になった要件が以下です。

Under BPC 5082.5, the CBA may give credit to an applicant
who has passed the CPA 
Exam in another state or territory
if the members of the CBA determine that the 
standards
under which the CPA Exam was held are as high as the standards

established for the CPA Exam in California.
[ 情報元:CPA LICENSING APPLICANT HANDBOOK (CA) ]

同じ内容の条件が、UNIFORM CPA EXAMINATION HANDBOOK にも記載されています。

この要件では、受験会場がどこであるかが問題のように見えます。

私は、アラスカ州のCandidateとして、全科目を日本で受験しました。
なので、CBAに、その事とCA州への移住時期を伝えた上で、
CAライセンスを取れない可能性もあるのかどうかを2回尋ねました。

合格実績が認められないのであれば、
CAのライセンス要件を満たすために、今後、時間とお金を投資する意味がないので知りたい!と。

返事は、1回目と同様
California does not participate in the iExam and
therefore until you have your exam scores and license information transferred from the other state
we are unable to determine if the exam scores would be accepted.
The CBA does not pre-qualify applicants for the exam or licensure. 
でした。
まさに塩対応。
あくまで、ライセンスのトランスファー申請を受理するまでは、判断できないと。
アラスカ州Candidateが日本受験した場合、合格実績を認めるのかどうかは既に判例があるのではと思うのですが…
教えてくれませんでした。

以下の恐怖要件もあります。
私の場合は、全科目合格後にカリフォルニア移住なので、
ギリギリセーフかなと思ったのですが…。

The CBA may deny an application if the facts indicate the
applicant has been a California resident before, during, or after obtaining a CPA license
in another state and when the facts indicate that the applicant’s CPA license was
obtained in another state to evade otherwise applicable California statutes and rules.
California law does not allow the CBA authority to grant licenses to persons based
solely on the fact they are licensed or registered in another state as a certified public
accountant. Such persons must successfully complete the CPA Exam and meet all
other requirements for licensure as a CPA in California.

なんか、カリフォルニアって、意外と、超排他的だなと感じました。
他の州のルールは知りませんが。

私の場合の結論

合格トランスファーの要件を満たせない。

ライセンストランスファーができる可能性はあるが、非現実的/確実ではない。
ACCOUNTING STUDY や ETHICS STUDY の単位を取る為に、
大学やコミュニティカレッジに通うのは非現実的ですし
下手したら、合格実績が認められないかもですし。

メールの返信を読むと、
単位の取得前に、合格実績とライセンスのトランスファーの手続きをした後、
ライセンストランスファーの申請さえしたら、
合格実績が認められるかどうかの判断はしてもらえるのかもしれません。
全ての書類が揃っていない(単位の情報がない)場合は判断しません!とか言われるかもですが。

私は、CAに永住予定ではないですし、
監査職としてCAライセンスが必要な仕事(監査調書にサイン)をするわけでもないので、
WA州でのライセンス取得をすることにしました。

Follow me!