USCPA 2017年 成績優秀者

今日、私のGmailのメールボックスに
Washington State Board of Accountancyからのメールが届いていました。

2月にWA州のCPAライセンスを取得して依頼、初のメールに少々驚きましたが(笑)
”The Washington State Board of Accountancy E-Newsletter is now available online.”
との事でした。

E-Newsletterをさらっと読んでみた中で、気になった2点を以下に紹介します。

2017年 CPA Exam 成績優秀者 (ELI WATTS SELLS AWARD FOR 2017)

ELI WATTS SELLS AWARD FOR 2017は、
全4科目の平均Scoreが95.50以上、かつ、1回目受験での合格者に送られる賞です。
2017年の受験者95,858人のうち、58人が達成したとの事です。

Elijah Watt Sells Award (AICPA)

上記AICPAのページには、58人中55人の名前が載っていましたが、残念ながら日本人はいませんでした。

TACは、提携のBeckerに関して
2005年~2015年までの成績優秀者339名中、306名がBecker教材を使用しており、含有率90%超と圧倒的な数字です。」と紹介しているので、
成績優秀者(ELI WATTS SELLS AWARD)の話をご存知な方も多くいるでしょうか。

DISCIPLINARY ACTIONS

WA BoardのNewsletterには、ルール違反者の記載もありました。
例えば、「CPA受験の出願にあたり、偽の記録を提出&Boardに対する回答なし」とか
「ライセンス更新にあたり、CPE(継続教育)の要件を満たさず」です。

USCPA試験でも、試験合格後のEthics試験でも、Ethics重視の傾向を感じますが、
このDISCIPLINARY ACTIONSも、Ethics重視が垣間見えますね。

E-Newsletter (Washington State Board of Accountancy)

E-Newsletter (Summer Edition 2018)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です