USCPA FAR 不合格 (弱点分析)

不合格の際には、「Uniform CPA Examination Score Notice」の2ページ目に
“Candidate Performance Report”が表示されます。
各出題分野の得点状況を確認し、弱点を意識しながら勉強するのが良いでしょう。
私もFARのレポートを確認しました。以下が私の結果です。

“Candidate Performance Report”

Your Performance Compared to Passing Candidates By Content Area

Framework and Standards (17-23%) Weaker
Financial Statement Accounts (27-33%) Weaker
Specific Transactions/Events (27-33%) Stronger
Governmental (8-12%) Comparable
Not-for-Profit (8-12%) Stronger

Your Performance Compared to Passing Candidates By Item Type

Multiple Choice (60%) Weaker
Simulations (40%) Weaker

“Candidate Performance Report” の利用法

Weaker/Comparable/Strongerの表示は
75-80点で合格した受験者と比較しての結果であるとの事です。

「CONTENT AND SKILL SPECIFICATIONS FOR THE UNIFORM CPA EXAMINATION」を
参照し”Candidate Performance Report”でWeakerだった分野を確認しました。
FARは範囲が広すぎるのであまり具体的な弱点はわかりませんが
今後、出題分野の内容を時々確認しながら、勉強を進めて行こうと思います。
公会計はComparable/Strongerだったので
受験直前の詰め込み作戦は成功したと分かり嬉しいです。

AICPA発行「CONTENT AND SKILL SPECIFICATIONS FOR THE UNIFORM CPA EXAMINATION」
https://www.aicpa.org/BecomeACPA/CPAExam/ExaminationContent/ContentAndSkills/DownloadableDocuments/CSOs-SSOs-Effective-Jan-2016.pdf

参考

不合格 弱点分析 “Candidate Performance Report”

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です