USCPA 日本人合格率

USCPA 2016年の科目別合格率

AUD: 45.86%
BEC: 55.41%
FAR: 45.55%
REG: 48.45%

日本人合格率のデータ&分析

この2016年合格率は、受験者全体の数字です。
日本人の合格率はおそらく各科目3割程度です。

NASBAが出している2014年データからいくつか数字をご紹介します。
米国人(居住者) 受験者は82,911人
米国外居住者は世界101ヶ国から8,589人が受験し、そのうち、日本人(日本居住者)は
受験者数1位の1799人(約21%)です。

米国外居住者のトップ5は日本、韓国、中国、アラブ首長国連邦、インドです。
米国居住者のCPA合格率は50.6%ですが
日本人の科目合格率は32.8%と、差は大きいものになっています。

数字の紹介は省略しますが、英語圏ではない受験者のデータを見ると
特にAUDの合格率は米国居住者と比較し低い傾向にありました。
要因は英語力だと私は考えています。
上記データは、受験手続時に記載した現住所の国を基にしたデータです。

テストセンター(日本)というデータも公開されていて
日本居住者と日本国外居住者の合格率(全体)の数字もありました。
日本居住者は33.1%、日本国外居住者は44.7%です。
この差もおそらく英語力が大きいのではないかと推察しています。

米国居住者のBEC合格率は他の科目に比べ高い傾向ですが
日本人のBEC合格率はFARとREGに比べても低い傾向です。
日本人の英語力不足が、WC(配点率15%)での得点不足・低い合格率の要因の
1つなのではないでしょうか。
また、データでの確認はできていませんが
米国人受験者のほとんどは、会計専攻として大学を卒業した人です。
つまり大学の4年間に会計・経済などをしっかり学んだ基礎知識のある人達が
仕事をする上での必要な資格として受験するということです。
日本人受験者は、会計・経済のバックグラウンドがない人も多い為
これもBECの低い合格率の要因ではないでしょうか。

NASBAは様々な受験結果データを出しています。
2016年度版データもありましたが有料なので、無料の2014年度版の数字をご紹介しました。

日本の予備校がUSCPA合格率の話をする際に出すのは受験者全体のデータです。
予備校の受講者を減らさない為に、あえて日本人合格率データを出していないのかもしれません。
日本の公認会計士試験に比較すれば
(英語での試験である事を除けば)とても簡単な試験でしょう。
しかし、USCPA試験の日本人合格率は約3割です。
また、この日本人合格率3割という数字は各科目の話であって、
全科目合格者の割合ではないという事に注意が必要です。

全科目合格する為には、しっかりと計画・戦略を立てて学習をする必要がある試験です。

情報元

CPA Examination Passing Rates

Candidate Performance books (2014 Jurisdiction Edition)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です